2016年08月31日

犬のフィラリア症の対策は ? その 2


Pomeranian-tb.png



蚊を媒介に犬糸状虫という寄生虫が、

心臓や肺動脈などの血管内に寄生します。

さらに進行すると食欲不振や貧血、

呼吸困難などが起こります。

犬の代表的な心臓病です。

そして、ミクロフィラリアという子虫を

血液の中に排出します。

吸血する時にこのミクロフィラリアを

一緒に吸い込んで、蚊の体内の中で

成長していきます。腹水がたまると

動けなくなります。

フィラリアと言う寄生虫、

犬糸状虫が心臓に寄生します。

アカイエカなどの蚊が媒介します。















posted by 管理人 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

犬のフィラリア症の対策は ? その 1


4649b873_1229611557775.jpg




フィラリア症が進行すると、

せきをする時間も長くなります。

フィラリアの成虫は犬の心臓に寄生します。

腹水がたまります。

軽い間は、時々せきをするだけなので、

気が付かないケースが多いです。

症状は咳をし出します。

段々、散歩や運動をしなくなります。

犬に感染するとその子虫は、

2〜3ヶ月の間、そのまま皮膚や筋肉、

脂肪組織で発育して血管から心臓に
寄生していきます。

それが他の犬に吸血した時に

その犬に感染してしまいます。

成虫は長さ20センチくらいの長さになります。

せきをすることで喀血をすることもあります。









posted by 管理人 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 2

IMG_you0939.JPG



せきは空せきが多く、

夜間から朝方に掛けて多くせきが出ます。

左心房と左心室の間の僧帽弁が変化して締りが

悪くなって生じる心臓弁膜症です。

家庭で出来ることはなるべく

犬を興奮させないようにして、

長い散歩や運動を制限することも大事です。

僧帽弁が完全に閉じなくなると左心室が

血液を押し出そうとすると

本来の大動脈の方向だけでなく、

逆方向の左心室に押し戻されてしまいます。

プードル、マルチーズ、シーズー、ポメラニアン、

高齢の小型犬に多くの発病が見られます。

僧帽弁閉鎖不全症は、

年齢を重ねるにつれて進行します。

呼吸困難を起こすと、

貧血や発作が起きることがあります。

また心臓の働きが低下して、

急に不整脈や心不全を引き

起こしてしまうケースもあります。






posted by 管理人 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする