2016年09月16日

犬の肺炎について その1

4649b873_1229611557775.jpg




肺と気管支が感染症などから炎症を起こします。

ジステンバーウィルス、ケンネルコフの

パラサイトインフルエンザウィルス、

アデノウィルス、細菌や寄生虫に
よるものが多いです。

病気の程度、原因、レントゲンなどから、

さらに症状から急性慢性など分けられて治療します。

ぜーぜーという呼吸がする呼吸は浅く速くなるのは深い、

重い咳をする声が出なくなるまで咳が続く咳の後に

急にもどした浅く早い呼吸呼吸困難チアノーゼ…

年を取ると体力が低下したり、免疫力が落ちたり

持病があったり…。

他の呼吸器系の病気と違い、

症状が重いために直ちに

専門医へ行きましょう。ウィルスや細菌、

寄生虫などの感染症が進んでいくと

肺と気管支に重い炎症を

起こしてしまいます。










posted by 管理人 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

いぬの寄生虫病ついて 2

type31.png




回虫の塊が腸に詰まってしまうことで、

腸閉塞が起きることがあります。

少数の場合は症状がありませんが、

数が増えると腹痛や食欲不振、下痢や血便、

栄養失調や血便を起こします。


犬条虫症犬条虫が多い場合には、

食欲がなくなります。

寄生虫病ある生物が他の生物に

すみつく事を寄生と言います。

回虫は15センチ以下の虫です。

口から食べ物を飲み込む時に感染します。

地面にお尻をこすりつけて

前進する動作があるとこの病気が疑われます。

重い場合は腸炎や貧血で、生命の危機になります。

治療は軽い場合は駆虫薬になります。

子犬の場合は発育不良や元気もなくなり、

貧血状態になります。
















posted by 管理人 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

いぬの寄生虫病ついて 1


4649b873_1229611557775.jpg



1歳以下の犬が発病します。

それに汚染された食べ物を食べたり、

または舐めたりすると感染してしまいます。

軟便や下痢を起こして、毛づやがなくなり、

栄養不良の状態になります。

治療は駆虫薬を飲ませます。

治療は軽い場合は駆虫薬になります。

この成熟卵は、草などの下で長時間生きていますが、

感想には弱いので、清潔に保つことで予防は可能です。

小腸の粘膜に噛み付いて吸血するので、

貧血や腸炎などの症状が出ます。

鉤虫症十二指腸虫症とも呼ばれています。












posted by 管理人 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする