2016年10月06日

犬の 呼吸器の病気について 1

type31.png


症状は強い咳です。

マイコプラズマや細菌の単独感染であれば、

抗生物質が有効です。

単独感染なのか、混合感染なのか、

それによって軽症か重症かで判断されます。

重症になると食欲不振、鼻が出て、

呼吸困難や肺炎に

進行する場合があります。

ワクチンの摂取で、ジステンパー、アデノウィルス、

パラインフルエンザ、パルボウィルス、

これらのワクチンで接種すると安心です。

最初は、食欲もあり、元気なのですが、

段々咳がひどくなり、微熱などの発熱が起こります。

犬が多いところにはワクチンを接種しない場合、

いかないほうが賢明かもしれませんね。

正式名は、犬伝染性喉頭気管炎という名前です。











posted by 管理人 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

犬の気管支炎の対策には ? その A

4649b873_1229611557775.jpg



ウィルスの侵入、感染、寄生虫、などが原因ですが、

見た目が苦しそうなので、

本当に心配な病気です。他の病気と併発しているとか、

発熱や食欲がないとか、他の病気と関連があると

考えられる場合には、多くの検査をしなければなりません。

気管支炎気管支炎の原因は、

単独での特定が難しいです。

ワクチンや清潔さなどにより、

ケンネルコフ自体の発生は少なくなっています。

犬の気管支の病気と言うと、

子犬のケンネルコフが有名です。

もどすような感じで咳をしたり、

乾いた咳が多かったりします。







posted by 管理人 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

犬の肺炎について その2

type31.png



だからウィルスの侵入、感染もしやすく、

かなり厄介な病気ですね。一般的に症状は、

咳、吐き気、発熱、食欲低下、脱水をおこします。

無理な運動や興奮をさせないように

安静状態にすることが大事です。

色々な原因がありますが、体力が落ちている、

他の病気もあるなどの老犬は、

発病すると命の問題にまでなります。

気管支炎や咽頭炎に比べると

症状が重いです。薬をガスや水蒸気などで

吸わせる吸入法や酸素吸入などをさせます。

最初はあまり重く見えない場合でも

症状が悪化する場合があります。

診断はX線や聴診などです。









posted by 管理人 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする