2016年05月30日

犬の病気と予防は? そのC


ワクチンは一年で効果が切れてしまいます。

摂取時期を忘れないよう、気をつけましょう。

その他の病気について

犬の病気として、

忘れてはいけないのがフィラリアです。

蚊の発生する雨季や夏季の間、

フィラリアの薬を飲むまたは打つことで予防します。

フィラリアにかかってしまうと、

犬にとってつらい治療を行わなければならなくなります。

また、寄生された数によっては治療が困難になってしまうため、

事前の予防がとても大切なのです。








posted by 管理人 at 08:39| 犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

犬の病気と予防は? そのB

犬や猫、動物によるワクチン予防対策

上記に挙げた感染症などには、

ワクチンによる予防が大変有効です。

予防接種は年に1回行い、

ワクチンによって数種類の感染症を
予防することができます。

しかし、摂取したからといって完全に

予防できるわけではありません。

抗体のつくりにくい犬やワクチンにアレルギーを

持つ犬も稀にいるので、

そういった場合は獣医と相談し、

今後の予防対策について考えていきます。

愛犬の健康を維持するためには、

ワクチンは欠かせないのです。








posted by 管理人 at 19:48| 犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

犬の病気と予防は? そのA



犬の病気で最も死亡率が高い感染症が

犬ジステンパーウイルスです。

発熱、元気消失、嘔吐、下痢など、

風邪のような症状が見られ呼吸器系の
症状も多く見られます。

最近では犬アデノウイルス1型感染症と

犬アデノウイルス2型感染症も発症が高く、

1型は1〜3日程度で死亡してしまうことがあります。

発熱、鼻汁、結膜の充血や嘔吐がみられる危険な病気です。












posted by 管理人 at 08:19| 犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。