2016年09月16日

犬の肺炎について その1

4649b873_1229611557775.jpg




肺と気管支が感染症などから炎症を起こします。

ジステンバーウィルス、ケンネルコフの

パラサイトインフルエンザウィルス、

アデノウィルス、細菌や寄生虫に
よるものが多いです。

病気の程度、原因、レントゲンなどから、

さらに症状から急性慢性など分けられて治療します。

ぜーぜーという呼吸がする呼吸は浅く速くなるのは深い、

重い咳をする声が出なくなるまで咳が続く咳の後に

急にもどした浅く早い呼吸呼吸困難チアノーゼ…

年を取ると体力が低下したり、免疫力が落ちたり

持病があったり…。

他の呼吸器系の病気と違い、

症状が重いために直ちに

専門医へ行きましょう。ウィルスや細菌、

寄生虫などの感染症が進んでいくと

肺と気管支に重い炎症を

起こしてしまいます。










posted by 管理人 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック