2016年09月11日

いぬの寄生虫病ついて 3

Dog-wallpaper-21.jpg




回虫症犬回虫や犬小回虫の成虫が小腸に寄生します。

治療には駆虫薬や注射になります。

寄生が少数の場合はほとんど症状が

ありませんが、多数になるとお腹が膨れたり、

嘔吐をしたり、腹痛や粘液性の下痢などの
症状が出ます。

それを便とともに外界に排出されます。

2センチくらいの白い虫が小腸に寄生します。

鞭虫症長さ7センチの鞭虫が盲腸に寄生します。

成虫はたくさんの卵を産みます。









posted by 管理人 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック