2016年09月03日

いぬの寄生虫病ついて 1


4649b873_1229611557775.jpg



1歳以下の犬が発病します。

それに汚染された食べ物を食べたり、

または舐めたりすると感染してしまいます。

軟便や下痢を起こして、毛づやがなくなり、

栄養不良の状態になります。

治療は駆虫薬を飲ませます。

治療は軽い場合は駆虫薬になります。

この成熟卵は、草などの下で長時間生きていますが、

感想には弱いので、清潔に保つことで予防は可能です。

小腸の粘膜に噛み付いて吸血するので、

貧血や腸炎などの症状が出ます。

鉤虫症十二指腸虫症とも呼ばれています。












posted by 管理人 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック